北海道旭川の格闘技ジム会長ブログ555

HLCGYM会長のブログです。
海外単独旅行、格闘技についてかいています。
<< 【宝】知り合えた事 | main | 【注意】富良野マルサの男 >>
【旅人】過去の単独旅行で一番ビビった時
0

    JUGEMテーマ:つぶやき。

    JUGEMテーマ:美瑛町

    JUGEMテーマ:格闘技全般

    にほんブログ村 にほんブログ村へ

     

    こんにちは、美瑛町在住

    旅人 竹内幸司です。

    こんなご時世で、タイ行きも

    諦めました。

    連続にかいたブログも昨日書き忘れ

    継続が一番難しいですね。

     

    そんな中、本日は

     

    海外単独旅行で一番ビビった出来事

     

    について書きます。

     

    その時は、バンコクでフットマッサージの

    勉強に行こうと思い、学費から何から

    準備して行った。

    バンコクに着くなり、いつものルーチンで

    タクシーに乗り、予定していたサイアムの宿に

    向かう。部屋に荷物を置き、シャワー浴びて

    さあ繰り出そうと、ホテルを出た。

    その際、睡眠強盗にあってしまった。

    その時に限って、部屋に置いていく現金を

    カバンに入れていて、ごっそりやられてしまう。

    マッサージの研修はキャンセルした。

    手持ち、3万円ぐらい。さあ6日間どうしよう?

    となった。

     

    とりあえず持って行ったカードで現金を

    10000バーツ借りた。

     

    過去にない目眩と頭痛で、暑いバンコク を

    朦朧と歩く。

    タイマッサージに行き、なんとか体力が戻ってきた。

    その時「アンコールワットに行ってみよう」と思う。

     

    以前より調べていた、陸路国境越え。

    アランヤプラテートからポイペトで国境を越える。

     

    ファランポーン駅から、約6時間電車にゆられ

    到着した頃はもう夜。

    電車の中で、日本語を話しかけてきた

    タイの軍人と仲良くなった。

    彼はアランヤプラテートが地元、友人の出家の儀式に

    参列するという。彼の友人と、一緒に部屋を借りた。

     

    *彼はタイ軍人の友人で一緒の部屋に泊まった。

    パタヤの彼女から電話が来ていてデレデレ。

     

    次の日、出家する友人の儀式に参列した。

    友人たちが私がポイペト国境を越える事を

    心配してくれる。どんだけやばいんかな。

     

    タイ側の国境は、比較的普通に感じた。

    国境を越えてカンボジアに入国した瞬間

    さっきのタイとは全く違う光景。

    とにかく汚い。砂煙が立つ。服も汚い。

    そういう事なのかと思っている矢先に

    顔に大きな傷のある男が、勧誘にきた。

    当時の自分の率直な感想は

     

    北斗の拳の世界に来たようだ

     

    勧誘は超しつこい。

    カフェに入ったら流石に来ないかと思いきや

    中まで来た。300バーツでシェムリアップ

    まで行くというのだが、怪しすぎる。

    あまりにもしつこいので話を聞こうとなった。

    結局面倒だと思い乗り込んだ。

     

    ピックアップトラックは順調に進んだが

    乗客は俺しかいない。あるとこで止まり。

    「政府にお金払うから2000B出せ」

    言われた。そんなシステムはない笑

    ポイペと国境から相当離れた場所だ。

    ここで置いてかれても困る。

    2000B出した。すっかりはめられた。

    後悔してもしょうがないので、なんとか着こう。

    そう思っていたら

     

    「Change」

     

    と言われて、何言ってるかさっぱりわからない。

    金は払ってるのに車を乗り替える?

    車を降りた瞬間、ドライバーたちが奪うように

    自分の腕を引っ張ってきた。10人ぐらい。

    何が起こっているのかさっぱりわからないし

    とにかく怖かった。199X年の世界だ。

    ピックアップトラックに乗ると

    カンボジア人たちが荷台に定員以上。

    食べられるだろう鶏や、玉ねぎの山も。

    ある程度満タンになったら仲介者が

     

    「もう5ドル払え」

     

    と言ってきた。冗談じゃない。払えん。

     

    「払えない」

     

    と言ったら、食い下がってきた。

     

    「払え」「払えん」

     

    その押し問答が15分経過しただろうか?

    相手が折れた。

    市内をグルグル走っては荷物や人が降りていく。

    最終的に自分と運転手になった。

    カンボジア人はビュンビュン飛ばしクラクションを

    鳴らしまくる。

    日本人は運転が丁寧だが、あれ見て欲しい。

    丁寧に運転する概念などないのだ。

     

    しばらくして・・・・・

    シェムリアップに着いたようだ。

     

    おり際に、5ドルくれと言われた。

    親切だったので、そこは払った。

     

    無知がお金を失った。

    ただ、多めにお金を取られたけれど

    いい経験になったと思う。

     

    特に日本は、陸路の国境は存在しない。

    あの緊迫感は是非味わって欲しい。

     

    調べてあったゲストハウスに向かった。

    一泊20ドルぐらいだったと思う。

    そこに日本人女性の一人旅行者が、男性欧米人と

    部屋を取ったという。強えなって思った。

     

    カンボジアは気持ち照明が暗く

    出来事が強烈で治安が悪いと思いこみ

    この日は果物だけ買って部屋に戻る。

     

    次の日・・・・・・

    朝早くゲストハウスをでた。

    アンコールサンライズを見てタイに戻ろうと思った。

    それぐらいビビってた、無知な青年。

    バイクのけつに乗り、アンコールワットを見た瞬間

    そこまでの道のりと、アンコールワットの美しさに

    ガチで泣いてしまった。一目惚れだ。

    あれから5回、会いにっている。恋人としては少ないかも。

     

    *これが多分初めて一緒に撮った写真。

     

    無知って、いろんなところで損をする。

     

    だから、色々な事をこれからも知りたい。

    世界は広い!死ぬまで経験。

     

    *当時アユタヤのミントゲストハウスが

    アユタヤの定宿。写真のアンは今何してるのか?

     

    会長のジムの詳細は下記から👇

    HLCGYM

    深川BASE

    HLC富良野サークル

     

    お問い合わせ

    0166-32-7557

     

    体験初回無料はここをクリック

    にほんブログ村 健康ブログへ

    PVアクセスランキング にほんブログ村

    にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
    にほんブログ村

     

     

    | KOJI会長 | 海外単独旅行 | 11:26 | comments(0) | -
    スポンサーサイト
    0
      | スポンサードリンク | - | 11:26 | - | -









            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      3031     
      << August 2020 >>

      このページの先頭へ