北海道旭川の格闘技ジム会長ブログ555

HLCGYM会長のブログです。
海外単独旅行、格闘技についてかいています。
<< 【考察】世の中が便利になり起こる、運動の必要性。 | main | 【^ - ^】真実を積み上げていこう #厚真 #復興イベント #格闘技 #プロレス #旭川プロレス >>
【提案】伝統医療「柔道整復術」を守る1提案 #旭川 #格闘技 #柔道整復
0

    JUGEMテーマ:格闘技全般

    JUGEMテーマ:旭川市

     

    こんにちは、旭川の格闘技ジムHLCGYM

    会長 竹内幸司です。別の顔、柔道整復師。

     

    柔道整復師の技術の中でカコイイと思う技

     

    脱臼の整復

     

    でも実際今の柔道整復というと

    ほとんど現場に居合わせることがない。

    下手したら、一回も経験がないって方も

    多いんじゃないのかって思います。

     

    なんとかしなければ

     

    と思い立ったのが、8年前ぐらい。

    私の院では当時、年に3回ぐらいは整復を

    する機会があったのですが、最近は減。

    都会なんかはゼロなんじゃない?

     

    もういきなり本題に入ろう

     

    日本国内において、脱臼、骨折すると病院に行く

    これが当たり前になってます。

    ならば、技術が役立つ土地に行けばいい。

    まず思ったことが私が愛する国

     

    カンボジア

     

    こちらで、実践的な修行は積めないものだろうか?

    とぼんやり考えていた。

     

    ここで考えるべき問題

    現地の伝統医療との関係

    派遣されているだろう医師との関係

    国に迷惑をかけない方法

    言葉の問題や、訴訟を受けない誓約の方法

     

    が出てくると考えた。

     

    これを考えると、カンボジア人には無料で

    施術を行わせてもらう。

    現地の言葉を理解し、誓約書にサインをもらう。

    その時に起こるのは、現地の伝統医療との関係。

    それ考えたら、応急処置だけを扱ったほうがいい。

    緊急時の応急なら、喜ばれるだけだと予想。

     

     

    どのように食べていくのか?

     

    カンボジアはタイに並んで暖かく

    練習するには最高の環境。物価も安い。

    インバウンド向けの格闘技ジムを経営すれば

    食っていけるし、そこでケガ人も出る。

    もちろん柔道もやる。

    そして近くにゲストハウスを構える。

    シェムリアップでやれば、宿は年中フル稼働。

    現地人の雇用も生まれる。

     

    HLCGYMには柔道整復師が多く

    現実的に可能かも。ただ海外は中々厳しい。

    自分が2人いたら、可能だと思うのですが。

     

    また、この計画が実行できたら、カンボジアから

    日本にトレーナーを呼んだり、現地で日本の

    選手が合宿したりもできるっていうメリットも。

    プラス、柔道整復師としての濃い修行も行える

    養成施設にもなり得るなと、ぼんやり考えてます。

     

    リアルな国際的ほねつぎが生まれる。。。。。

     

    そんな夢物語。

     

    HLCGYM@リアルほねつぎ再生計画

    HLCGYM FACEBOOK

    HLC深川

    HLC富良野

     

    HLCGYM無料体験1回無料

     

    お問い合わせ

    0166-32-7557

     

     

     

     

     

    | KOJI会長 | つぶやき | 10:04 | comments(0) | trackbacks(0)
    スポンサーサイト
    0
      | スポンサードリンク | - | 10:04 | - | -









      http://hlcgym.jugem.jp/trackback/1603
      1234567
      891011121314
      15161718192021
      22232425262728
      293031    
      << December 2019 >>

      このページの先頭へ